会社ロゴ

カテゴリー

        会員情報修正


古美術 冨江洗心堂のショッピングは、ログイン、新規会員登録をお勧めします。初めてご利用のお客様は、よろしければ、 こちらから会員登録を行ってください。


新潟・糸魚川店   
東京店     
取扱実績   
ホームページ

トップ > 書画 > 小堀遠州詠歌筆 短冊幅

拡大画像
小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅
小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅
小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅 小堀遠州詠歌筆 短冊幅

小堀遠州詠歌筆 短冊幅

小堀宗慶箱書 読付
短冊径35僉6cm(表装径151僉26,5僉
商品コード : TM050051
価格 : 300,000円(税込)
数量
 

配送料は無料です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
<商品詳細説明>
小堀遠州が昔を懐かしみ、懐古の念で読んだ和歌一首です。
読み:題「懐𦾔(かいきゅう)」 現とも夢とも分かず 人の世は むなしき空の 風の浮き雲
う徒々とも 夢ともわ可寸 ひとの世者 むなしき空乃 可勢のうき雲
小堀遠州(1579〜1647)江戸初期の茶人、造園家。遠州流茶道の祖。近江の人。名は政一。号:宗甫・孤篷(こほう)庵。遠江守(とおとうみのかみ)。豊臣秀吉、徳川家康、秀忠らに仕え、作事奉行を務め建築・造園に才能を現した。茶道を古田織部に学び、和歌・書・茶器鑑定にもすぐれ、陶芸も指導した。
箱書「小堀宗慶」:遠州流十二世。1923年東京生。十一世宗明の長男。別号成趣庵。幼少の頃から父に師事し東美校で日本画を学ぶ。遠州流の普及につとめ、東京茶道会会長として幅広く活躍する。花道・香道・書道に通じ、書は、藤原定家の流れをくんだ定家書風として能書家としても有名。

ページトップへ