会社ロゴ

カテゴリー

        会員情報修正


古美術 冨江洗心堂のショッピングは、ログイン、新規会員登録をお勧めします。初めてご利用のお客様は、よろしければ、 こちらから会員登録を行ってください。


新潟・糸魚川店   
東京店     
取扱実績   
ホームページ

トップ > 書画 > 会津八一 上司海雲宛葉書

拡大画像
会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書
会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書
会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書 会津八一 上司海雲宛葉書

会津八一 上司海雲宛葉書

額装 タトウ付
額径32,3僉37,9cm
商品コード : TM050050
価格 : 55,000円(税込)
数量
 

配送料は無料です。

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
<商品詳細説明>
会津八一から上司海雲老師へ宛てた葉書です。奈良を愛し奈良の歌を多く残した八一の歌碑は奈良に20基あると言われます。その歌碑建立の一端を伺える内容の葉書です。
葉書の内容:東大寺内の建碑は良しとして中央公論の出資によることになり居る様子あるも若し尚は一基を建立する余力あることが確定に見通しがつきしあらば唐招提寺か秋篠寺か薬師寺あたりにいたしたく然る時は徳田徳兵衛君が寄贈すると石材をご用ゐ下され運賃も徳田君が支払いする。
会津八一:(号:秋艸道人)(1881年〜1956年)新潟生。早稲田で学び、早稲田中学教員となる。奈良の歌を読んだ南京新唱、鹿鳴集を発表する。早稲田大学名誉教授。
上司海雲:第206世東大寺別当。壺の収集から壺法師とも呼ばれた。
奥田勝:彫刻家。八一の歌碑建立に関し彫刻家として尽力する。

ページトップへ